本庄遥ファンクラブ

About Me( English ver.)

About Me( English ver.)

 

 

Hey guys.

My name is  Haruka Honjo.

I’m mostly writing about how to play softball in the world.

I’m writing about me in this blog because I’s like to tell introduce me what I do in my life.

f:id:softball111:20180626165349j:plain

What I work

I am working online like I am writing blogs myself, writing article for other blogs, helping someone who wants to go to overseas and so on.

If you need to help something to play softball somewhere just let me know.

I will help you as good as possible 🙂

 

In my dreams

I will spread about what you can play softball easily in the world.

I will send 1000 people who wants to play sports in the world.

I will make a new scholarship which is for specific sports player.

 What I will do it within 5 years

I will make a new job which I love doing.

I created a good work environment myself.

I don’t want to stop making it so I will create more than now.

I will create what you can play softball in the world.

There are some great systems in Japan and in the USA but unfortunately , there isn’t good place to play softball  accept them.

If you can play softball and get enough money for your life, you will go to another country.

So you just don’t know how to get money.

That’s why I will make a new decision for you.

 

Finally

What I want to do is help someone who wants to play softball in the world.

That’s why I take risks and do harder.

If you need me to help just let me know.

I don’t mind someone who is not Japanese for sure 🙂

Thank you for reading the article.

 

 

東京オリンピックへ向けて。〜プロへの挑戦〜


私は2020年3月10日からソフトボール世界No. 1の国であるアメリカのプロソフトボールチームに入団テストを受けに来ています。

身長は154㎝で体格は決して恵まれていません。


中学時代全国大会でベスト4、高校のインターハイで優勝、大学の関西リーグでは、防御率0で最優秀投手賞を受賞。

しかしながら、日の丸を背負って投げた試合は、日韓交流戦のたった一度だけ。

防御率はいいものの、決して三振をバンバン取れるピッチャーではなく、同年代の中でも目立ったピッチャーではありませんでした。
 
立命館大学に入学し、1回生の秋からほとんどの試合を任せてもらうようになり、エースとしてマウンドに立ち続けてきました。

しかし、過度な投球が原因で肩を負傷。

上野さんたちが戦っている日本ソフトボール界の頂点である「実業団」に挑戦するイメージはどんどん消えてきました。

ある日、夢の中でアメリカのプロリーグにスカウトされました。

夢を見たことがきっかけで海外でソフトボールを続けることを決意。

2017年11月からオーストラリアのブリスベンに1年半ソフトボール留学し、QLD州(ソフトボールが最も盛ん地域)U23の代表に選ばれました。
 
オーストラリアで、自分のピッチングが通用したことが
自信になり、ソフトボール世界No.1のアメリカで、プロを目指すことを決めました。
 
人間、諦めなければ必ず夢は叶うと信じてここまで取り組んできました。

アメリカのプロになる事は、決して簡単なことではありません。

しかし、どうしてもこの夢を叶えて日本人初のプロソフトボール選手になりたいのです。

そして、日本から私以降にアメリカでプロになる選手を増やし、日本の競技力向上を図ります。

私のファンクラブにて、今後の展望をお伝えしておりますので、是非ご覧ください。

このファンクラブは、みなさんと一緒に夢を追いかけるためのコミュニティです。

ぜひご入会いただき、一緒に夢を追いかけてみませんか?
ファンクラブはこちらから