本庄遥ファンクラブ

お尻上げ運動で安定したピッチングを。

お尻上げ運動で安定したピッチングを。

 

今回は、「にこるんがパーソナルトレーにングで行なっているお尻のトレーニング」について書いていきます。

お尻って鍛えたいけど、鍛え方がお尻上げ運動のイメージが強くそもそも私の体の構造上、後ろ側は比較的強く、前が弱いという事もあり、お尻上げ運動を自重でやるとと負荷が軽すぎてどうしてもしんどくないことが悩みでした。

スクワットでも多少なりとも聞いているものの、実際には太ももがメインのトレーニングなので、何かいい方法がないかなと考えていたとき、たまたま「藤田ニコルちゃんがやっている機械でのお尻上げ運動」を見つけまいした。

しかし、機械自体が見つけられずどうしようか悩んでいるとオーストラリアでジムに通い始めた時にバーベルでやっている人たちを見つけました。

「おおおおおお!!!!こんなやり方があるのか!!!!」

と感激した私はすぐにやって見ることに。

しかし、バーベルだと少し骨盤に当たって痛かったり、若干の危なさを感じました。

そこで、いい方法がないか探していると、なんと15㎏のメディシンボールが!!

今回はメディシンボールで取り組んでみました。

その時の動画がこちら↓

https://www.youtube.com/watch?v=0SFfHv8UT54

始めの一回は悪い例。太ももに近すぎるとお尻に効きません。

意識するところは、足は内側ではなく外側に力を入れるように意識し、女の人の場合は恥骨辺りにボールを置く感じ。

男の人はわかりませんが、なんせ自分がお尻と一直線に結べる場所に置くとベターかと思います。

次の日はしっかりと筋肉痛が来て、「あ〜効いてるわ〜」って自己満足しました笑

何事もそうなんですけど、自分がやりたい時に追い込むと集中してその部分を鍛えることが出来ます。

私は、筋トレの時間を一回につき1時間までと決めていてとにかく始めの30分で追い込みまくります。

序盤から瞬発系の動きも間に入れて、より自分のピッチングスタイルに近づけるように心がけています。

スポーツ選手にとっての筋トレは特に、

「このトレーニングをして、どんなパフォーマンスをしたいか」

をイメージすることってすごく大事だと思います。

皆さんも是非、自分の体と話し合ってみてたり、自分の体のバランスを感じてみてください!

現在オーストラリアでソフトボールをしており、海外の情報を日本一周するためのクラウドファンディングを実施しています。

応援よろしくお願いします!

farm-sportsfunding.com

スポンサー希望の方はこちらからお願いします!

find-fc.com

 

東京オリンピックへ向けて。〜プロへの挑戦〜


私は2020年3月10日からソフトボール世界No. 1の国であるアメリカのプロソフトボールチームに入団テストを受けに来ています。

身長は154㎝で体格は決して恵まれていません。


中学時代全国大会でベスト4、高校のインターハイで優勝、大学の関西リーグでは、防御率0で最優秀投手賞を受賞。

しかしながら、日の丸を背負って投げた試合は、日韓交流戦のたった一度だけ。

防御率はいいものの、決して三振をバンバン取れるピッチャーではなく、同年代の中でも目立ったピッチャーではありませんでした。
 
立命館大学に入学し、1回生の秋からほとんどの試合を任せてもらうようになり、エースとしてマウンドに立ち続けてきました。

しかし、過度な投球が原因で肩を負傷。

上野さんたちが戦っている日本ソフトボール界の頂点である「実業団」に挑戦するイメージはどんどん消えてきました。

ある日、夢の中でアメリカのプロリーグにスカウトされました。

夢を見たことがきっかけで海外でソフトボールを続けることを決意。

2017年11月からオーストラリアのブリスベンに1年半ソフトボール留学し、QLD州(ソフトボールが最も盛ん地域)U23の代表に選ばれました。
 
オーストラリアで、自分のピッチングが通用したことが
自信になり、ソフトボール世界No.1のアメリカで、プロを目指すことを決めました。
 
人間、諦めなければ必ず夢は叶うと信じてここまで取り組んできました。

アメリカのプロになる事は、決して簡単なことではありません。

しかし、どうしてもこの夢を叶えて日本人初のプロソフトボール選手になりたいのです。

そして、日本から私以降にアメリカでプロになる選手を増やし、日本の競技力向上を図ります。

私のファンクラブにて、今後の展望をお伝えしておりますので、是非ご覧ください。

このファンクラブは、みなさんと一緒に夢を追いかけるためのコミュニティです。

ぜひご入会いただき、一緒に夢を追いかけてみませんか?
ファンクラブはこちらから