本庄遥ファンクラブ

ぶっちゃけオーストラリアのソフトボールってどんな環境なの?

ぶっちゃけオーストラリアのソフトボールってどんな環境なの?

 

海外のローカルチームでソフトボールをしながら、東京オリンピック代表選手を目指すアスリートライターの本庄遥(@number_1h)です。→アスリートライターとは?

 

今回の記事はソフトボール経験者、ソフトボールこれから続けたい人を含め、

ソフトに興味がある人は読んでほしいです。

 

私が今までソフトボールを続けてきて、大学卒業してからの選択肢は「実業団に行く」「就職してクラブチームでプレイする」のどちらかでした。

 

ひょんなことからオーストラリアに行くことになったのですが、

結果的に、行ってよかったと心の底から思っています。

→オーストラリアに行くことになったストーリーはこちらから

 

今回は、オーストラリアのソフトボール環境はぶっちゃけいいのか悪いのかについて

お話ししていきたいと思います。

 

実業団がなく、全てがクラブチーム

オーストラリアでは、日本のようにどこかの企業が雇ってチームを構成している形態はなく、全チームがクラブチームです。

クラブチームに加入すること自体は簡単ですが、

1シーズン(半年間)約300ドルをグランド使用費用等でクラブに支払います。

クラブチームで構成されている分、かなり地域に密着していて

グランド近くの人たちが見にきたり決勝でDJが来て音楽を流して、試合が始まれば実況してくれたり。

 

ラフな風にも思われますが、A1のチームの中には

カーヤパーナピー、ステーシーポーターを初めとした

オーストラリア代表選手がゴロゴロいます。

今年のウィンターリーグでは、A1とA2のチーム数の関係で

かなり沢山代表選手とも戦うこともできました。

自分の実力さえ上がればかなり高い確率で

オーストラリアの代表選手たちと一緒にプレーもしくは対戦できるので、かなりいい環境だと思います。

 

サマーリーグとウィンターリーグでチームが分かれている

 

日本にはない感覚なので、初めて聞いたときは自分の英語を聞き取る能力が低いのか

それとも本当のことを言っているのか分からないくらいビックリしました。

オーストラリアでは殆どの競技がサマーとウィンターで分かれていて、

年中ソフトをやりたい人は、夏も冬もソフトのチームに加入します。

逆に「冬寒いし夏だけやろう」という半期だけソフトする人もいれば、

「サッカーもソフトも好きだから半分ずつやろう」という二つの競技を半月ずつこなす人もいます。

日本人でよく「バレー体型」「ソフト体型」「陸上体型」といったように

同じスポーツを幼い頃からずっとやっている子が多く、

競技ごとに体型が分かれることも多いですが、

オーストラリアでは、幼い頃からいろんなスポーツに触れる機会が多いようです。

 

環境が整っている

 

f:id:softball111:20180525174146j:plain

私はクラブチームに加入するという話をメールを通してしただけだったこともあり、

現地に到着するまで、現地のグランド状況が全くわからない状態で現地入りしました。

現在もネットを叩いてもオーストラリアのクラブチーム自体が写真をあまり公表していません。

日本のスポーツと比べてかなり地域密着していて盛り上がっているのに、

日本の人たちが全然知らないのが勿体無い…と毎日感じています。

これは私がブログを書き始めたきっかけでもあります。

 

公園にナイター完備があるところもある

f:id:softball111:20180525174511j:plain

この写真を見てもらったらわかると思いますが、ナイター完備もかなりしっかりしていて

ボールがあまり見えにくいという自体もありません。

ここの公園の名前がDowney Park という公園なのですが、

ソフトのグランド自体は5、6つくらい試合が一気にできるくらいあって、

メインとサブがナイターができる+内野が土になっています。

他のグランドは高校生以下のチームがやっていることが多いです。

一軍、二軍までのチームで芝生でやることはありませんでした。

 

一つのチームにつき中学生年代から40代の人まで所属している

 

f:id:softball111:20180525175209p:plain

About us – Saints Softball Club – SportsTGから引用

これはサマーリーグで私が所属しているチームの形式一覧です。

日本ではクラブチームを除いて小中高大完全に分かれて行なっていると思いますが、

オーストラリアは子供から大人まで一つのチームに所属し、

学年が上がるごとにそのチーム内で自動的に上へ上がっていくようになっています。

その為、同じユニフォームを着たちびっ子たちが試合しているのをAグレードの子達で応援したり、

同じチームに加入している大人が子供達のコーチや監督をやったりすることもあります。

 

f:id:softball111:20180415184717j:plain
同じチームに加入しているチームメイトの妹

この写真の2人の帽子を見てもらったらわかるように、

同じシャークスというチームで活動しているU 13で活動している友達です。

色んな年代の人たちが一緒のユニフォームを着てお互い応援し合えるのでかなりいい環境ですよ!!

ピッチャーの足元がタータン

 

f:id:softball111:20180415184910j:plain
場所によってはプレートが書いてあるだけで凹凸がない場合もあります。(ちょっと滑ります。)
f:id:softball111:20180525180404j:plain
凹凸がある場合ももちろんあります。

初めてプレートを見たときの感想は「滑りそう…」でしたね。笑

イメージとしては、陸上のフィールドの上で投げてる感じ。

スパイクが違うので、そこまで反発はありませんが利点としては削れない分

相手の型によってグランドコンディションが左右されないことです。

欠点は大きく二つあって、慣れるまで少し怖さがある(滑りそうだから)のと、雨の日かなり滑ります。

雨の日にピッチャーが滑って投げれなくなったら、

横から投げていいよと言われてタータンの左右どちらからか投げられるようになります。

 

f:id:softball111:20180525184043p:plain

雨で横から投げているところをインスタでたまたまライブしてて思わずスクショ。

グランド整備は監督コーチが行い、選手はしない

海外でグランド整備を選手がしないことは結構普通にあり得ることで、

オーストラリアもその国の一つです。

そもそもピッチャーはタータンなのでしないのはわかりますが、

私が初めて練習に行ったときにノックを受けた後整備に行こうとしたら、

「しなくていいよ〜」と選手の子から止められました。

日本人からしたら、かなり気持ち悪く感じるかも知れませんが

トンボを持つことすらさせてもらえなかったので、ここは文化になれるしかないようです。笑

 

日本と比べて練習量が極端に少ない

日本は週6練習当たり前、なんなら休みなんてなかったよっていうチーム多いのではないでしょうか?

オーストラリアでその話をしたら、

「え、家族との時間は?」「そんなにやってしんどくないの?」

とよく言われます。笑

そんなオーストラリアでは多くても週3、少ないチームだと試合の様子を見て

その週の練習を一切しない場合もあります。

というより、基本自由参加。笑

行っても行かなくてもいいスタイルになっています。

個人で調整してね、というスタイルです。

 

はるか

 

東京オリンピックへ向けて。〜プロへの挑戦〜


私は今年の10月に、
ソフトボール世界No. 1の国である
アメリカのプロソフトボールチームに
入団テストを受けに行きます。

身長は154㎝で体格は決して恵まれていません。


中学時代全国大会でベスト4、
高校のインターハイで優勝、
大学の関西リーグでは
防御率0で最優秀投手賞を受賞。

しかしながら、
日の丸を背負って投げた試合は、
日韓交流戦のたった一度だけ。

結果は出ているものの
決して三振をバンバン取れるピッチャーではなく、
同年代の中でも
目立ったピッチャーではありませんでした。
 
立命館大学に入学し、
1回生の秋から
ほとんどの試合を任せてもらうようになり、
エースとしてマウンドに立ち続けてきました。

しかし、投げすぎが原因で肩を負傷。

上野さんたちが戦っている
日本ソフトボール界の頂点である
「実業団」に挑戦するイメージは
どんどん消えてきました。

ある日、「アメリカのプロリーグにスカウトされる」
夢を見たことがきっかけで
海外でソフトボールを続けることを決意。

2017年11月から
オーストラリアのブリスベンに
1年半ソフトボール留学し、
QLD州(ソフトボールが最も盛ん地域)U23の代表
に選ばれました。
 
オーストラリアで
自分のピッチングが通用したことが
自信になり、
ソフトボール世界No.1のアメリカで
プロを目指すことを決めました。
 
人間、
諦めなければ必ず夢は叶うと信じて
ここまで取り組んできました。

アメリカのプロになる事は、
決して簡単なことではありません。

しかし、どうしてもこの夢を叶えて
日本人初のプロソフトボール選手に
なりたいのです。

そして、日本から私以降に
アメリカでプロになる選手を増やし、
日本の競技力向上を図ります。

私のファンクラブにて、
今後の展望をお伝えしておりますので、
是非ご覧ください。

このファンクラブでは、みなさんと一緒に夢を追いかけるためのコミュニティです。

ぜひご入会いただき、一緒に頑張りませんか?
ファンクラブはこちらから