本庄遥ファンクラブ

ソフトボールのルール「DP」と「FP」 〜使いこなして勝率アップ!〜

ソフトボールのルール「DP」と「FP」 〜使いこなして勝率アップ!〜

 

世界中でソフトボールをしながら日本代表を目指す、アスリートライターの本庄遥です。→自己紹介はこちらから。

今回は、ソフトボール特有のルールでもある DP とFP について説明していきたいと思います。

DPってなに?

打撃が得意な選手を起用せよ!

DP というポジションは、打撃専門(Designated Playerと呼ばれるポジション)のことを指します。

オーダー票を出すときもポジションの数字を書く欄に「DP」と書いて提出します。

一般的なこのポジションとして試合に出場する選手は、唯一打撃だけに集中することができるポジションでもあり、「守備があまり上手じゃないけどバッティングが上手な選手」や「ピッチャーでバッティングがいいけどこの試合では投げさせたくない」「体力温存して欲しいな」と思うときによく使われるルールです。

世界選手権でも、藤田さんがバッティングとピッチングをしたりDPのみでの出場をしていましたね!

FPってなに?

ピッチャーをピッチングに専念させよ!

FPとはDPと真反対の守備専門(Flex Playerと呼ばれるポジション)として試合に参加します。

ピッチャーによく使われるのですが、もちろん野手でも起用できます。

この場合、オーダー表には9番バッターの後にある枠に「FP 名前」という形で書きます。

このルールを駆使しているチームは全国のソフトボールチーム99%と言ってもおかしくないでしょう。

なぜならピッチャーをバッティングから外して、ピッチングに専念させてあげられるからです。

選手によっては、バッティングセンスがあるピッチャーもいますが、ほとんどのチームがピッチャーをFPとして試合に出場させています。

 

DPとFPは双子のようなもの

DPなしにFPはありません。

FPなしにDPもありません。

双方がお互いの得意な部分を専門分野として一緒に戦えるのがFPとDPの関係性です。

 

知っておきたい!DP&FP完全攻略編

DPとFPについてここまで例を出しながら紹介して来ました。

では知ったところでこれからどのような使い方をするのか?どんな使い方が賢いのかを紹介していきます。

DPで出場した選手が守備を兼ねることができる?!

DPで出場した選手は他の選手と変わって、守備も兼ねることができます。

先ほど「DPとFPは双子」とは言いましたが、DPで出場している選手はFP以外のポジション(FPがピッチャーだからと言ってピッチャーしか守れないわけではない)を守ることができます。

例えば、

1番6 山口
2番4 安藤
3番8 秋山
4番DP 小山
5番5 坂本
6番2 本岡
7番7 坂井
8番3 奥本
9番9 石山
FP         岡野

こういったオーダーがあったとします。(全て仮名です)

4番DP小山のポジションがキャッチャーだったとします。

6番2で出ていた本岡をベンチに下げて小山がキャッチャーとして出場することができます。

この場合のオーダーは

1番6 山口
2番4 安藤
3番8 秋山
4番DP 小山 →2小山
5番5 坂本
6番2 本岡 →DP本岡
7番7 坂井
8番3 奥本
9番9 石山
FP         岡野

という形で本岡がDPになり、小山の打順は変わらずにそのまま打者としても出場することができます。

野球をしている人にとっては、ずるいルールにも聞こえますが、ソフトボールにはりエントリーというルールもあって、野球とは違い場面によって選手をうまく使って勝敗に導く監督も多いです。

(リエントリーについてもっと知りたい人はこちらを読んでみてください!)

FPはDPのみと代わることが出来る

FPの場合、「FPが打撃を兼ねる(FPがピッチャーの場合、ピッチャーが打席に立つこと)」ことはできますがDP以外の選手の場所で、打者として打席に立つことはできません。

攻撃中に「バント上手いから行ってこい!」みたいなことはできないという訳ですね。笑

使い方次第で勝率アップ!

ソフトボールのルールは野球と比べると少し複雑だなと感じる部分が多いかもしれません。
しかし、ルールを自由自在に使いこなすことで、あなただけのオリジナルな采配が生まれて勝率をあげることも可能です。

ぜひいろんなルールを知ってソフトボールをもっと楽しんでみてくださいね!

 

東京オリンピックへ向けて。〜プロへの挑戦〜


私は今年の10月に、
ソフトボール世界No. 1の国である
アメリカのプロソフトボールチームに
入団テストを受けに行きます。

身長は154㎝で体格は決して恵まれていません。


中学時代全国大会でベスト4、
高校のインターハイで優勝、
大学の関西リーグでは
防御率0で最優秀投手賞を受賞。

しかしながら、
日の丸を背負って投げた試合は、
日韓交流戦のたった一度だけ。

結果は出ているものの
決して三振をバンバン取れるピッチャーではなく、
同年代の中でも
目立ったピッチャーではありませんでした。
 
立命館大学に入学し、
1回生の秋から
ほとんどの試合を任せてもらうようになり、
エースとしてマウンドに立ち続けてきました。

しかし、投げすぎが原因で肩を負傷。

上野さんたちが戦っている
日本ソフトボール界の頂点である
「実業団」に挑戦するイメージは
どんどん消えてきました。

ある日、「アメリカのプロリーグにスカウトされる」
夢を見たことがきっかけで
海外でソフトボールを続けることを決意。

2017年11月から
オーストラリアのブリスベンに
1年半ソフトボール留学し、
QLD州(ソフトボールが最も盛ん地域)U23の代表
に選ばれました。
 
オーストラリアで
自分のピッチングが通用したことが
自信になり、
ソフトボール世界No.1のアメリカで
プロを目指すことを決めました。
 
人間、
諦めなければ必ず夢は叶うと信じて
ここまで取り組んできました。

アメリカのプロになる事は、
決して簡単なことではありません。

しかし、どうしてもこの夢を叶えて
日本人初のプロソフトボール選手に
なりたいのです。

そして、日本から私以降に
アメリカでプロになる選手を増やし、
日本の競技力向上を図ります。

私のファンクラブにて、
今後の展望をお伝えしておりますので、
是非ご覧ください。

このファンクラブでは、みなさんと一緒に夢を追いかけるためのコミュニティです。

ぜひご入会いただき、一緒に頑張りませんか?
ファンクラブはこちらから