本庄遥ファンクラブ

なぜ上野由岐子投手が世界一のピッチャーだと言われるのか。

なぜ上野由岐子投手が世界一のピッチャーだと言われるのか。

 

前回は日本の強さの秘訣完投型ピッチャーとローテーションのピッチャー陣のメリットデメリットについて書きました。

実業団の試合や世界大会を見たことをある方はお分かりだと思いますが、完投する上野投手もアメリカのピッチャー陣、トヨタのピッチャー陣を引っ張るアボット投手も世界一のピッチャーだと周りから騒がれるほどの実力者です。

その二人が、なぜ世界を脅かす存在になっているのか、そして何が他のピッチャーと違うのかって考えたこと、疑問に思ったことはありませんか?

今回は上野投手の凄さとアボット投手の凄さを徹底解説していきます!

上野投手のすごさの秘訣

他のピッチャーとの圧倒的な違いを見せつけられたアメリカ戦

私が上野投手のすごさに対して疑問を持ったのは、去年行われたあるアメリカとの試合のときでした。
そのときは、上野投手だけでなく他の日本代表のピッチャーも投げていて、それなりにリズム良く勝ちゲームに持っていけそうな雰囲気もありました。

しかし中盤に差し掛かったときに、一本ヒットを打たれるとそこからどんどん連打になってしまったのです。
ボール自体も映像で見ている限りそこまで悪くないのになぜか打たれてしまう…そんな試合でした。

一点を相手に先制されたとき上野投手が出てきたんです。
するとさっきまで打たれていたようなコースを相手が空振りしたり、三振を取ったりと今までのピッチャーとは格段に違うピッチングを披露されました。

その時、上野投手はその場の空気を支配している様子でした。

上野投手の空気を支配する戦略とは

一番大きな要因は、「上野投手のイメージ」です。
今はソフトボールといえば上野由岐子と呼ばれているほどの有名度ですよね。(ある意味これはソフトボール界としてはまずいのですが)

上野投手は世界一速いボールを投げれるソフトボール界のレジェんドでもあります。
さらに、イメージとしては「コントロールがいい」「変化球が多彩」「世界の大エース」などなど上野投手=いいピッチャーの印象がかなりついています。

となると相手チーム、味方、観客、全ての人の気持ちを考えてみてください。

出てきた瞬間に「きっと抑えるだろう」「コントロールがいいからきっといいボールを投げるだろう」「ピンチを乗り切ってくれるだろう」という気持ちになりませんか?

もちろん審判も人間なのでどれだけ公平に見ようと思っていても、そういったイメージが少なからずあります。

このイメージこそが、上野投手がつくり上げてきた「勝ちに一番近づける秘訣」なのです。

ピンチのときの気持ち作りが天才的

勝率が高いピッチャーの特徴として、「ピンチの乗り越え方が上手な人」が挙げられます。
上野投手の場合、ピッチャー歴も長いので他のピッチャーと比べてもこのケースはこういう乗り越え方をするべきだなといつもイメージをしています。

例えば、強豪チームに対しての初回の入り方とチームがピンチになって満塁でマウンドに上がるときの戦い方は大きく変わりますよね?
上野さんは流れを読む能力が世界一優れていると言っても過言ではないでしょう。

試合を見ていても、自分のコンディション(どのボールが一番キレがいいかなど)、対戦相手の弱み強みの分析、間の取り方などかなり自分のペースとその日の状態を考えながらピッチングされていることがわかります。

それがわかるのがこの間の世界選手権でのことでした。

ランナーがいない状態でのピッチングで20秒ルールを超えたタイミングが一度ありました。
あのときの上野投手の身体の疲労は限界を超えていたため、いかに身体を休めつついい投球ができるかを考えていたと考えられます。

20秒ルールで相手にワンボールを与えてもいいというくらい、自分のペースを乱しませんでした。

それ程、自分のペースを守り試合を飲み込んでいく意識があるということですよね。

世界一のピッチャーになるためには

独自のピッチングを生み出す

上野投手がすごいから、上野投手の完全にコピーする…というのは正直間違っています。

なぜなら身長も体格も年齢も経験値も全く違うからです。

 

もちろん真似をするという行為自体は技術向上のために必要事項でもありますし、かなり大事なポイントです。
「完全にコピーをして上野さんになる!」ではなく、「上野さんのいいところは真似しつつ上野さんとは違う戦略も取り入れて上野さんを超える!」というくらいの気持ちが良いでしょう。

いい指導者が言うこと=全部自分に合うとは限らない

ここを間違えてしまう人が正直かなり多いです。
有名な指導者の方、名門校の監督さんや実業団の方に教えてもらうこともあると思います。

どれだけその人のことを尊敬していても、自分のフォームとその人のアドバイスが的確かというのはまた別問題なんです。

確かに経験数が多いピッチングコーチの方も多いですし、試してみることはいいことですが、試してみた後にしっくりこないのにその方法をし続けてピッチング自体が崩れてしまっては本末転倒ですよね。

誰かからもらったアドバイスは、誰に言われたかよりもその方法によっていいボールを投げれた感覚や経験を信じてみてください。

そうすることでより自分で考えて投げる力もついてきますし、世界一のピッチャーに近づけますよ。

 

 

最後に

今年でソフトボール歴16年目になる私が感じた「上野投手が世界一と言われる秘訣」とおまけで「世界一のピッチャーになるために大事なこと」について書きました。

私自身も東京オリンピック逆輸入を目指して頑張っているので、一緒にライバル同士頑張りましょうね。

サポーターの皆様。いつもご支援、応援ありがとうございます。

4月からアメリカとカナダに渡航し、さらに自身のスキルを磨くため修行に行きます。

是非本庄遥のファンになりたい!と応援したくださる方は、こちらから。

企業単位でスポンサーになりたい!という方はこちらからお願いします。

 

はるか

 

東京オリンピックへ向けて。〜プロへの挑戦〜


私は今年の10月に、
ソフトボール世界No. 1の国である
アメリカのプロソフトボールチームに
入団テストを受けに行きます。

身長は154㎝で体格は決して恵まれていません。


中学時代全国大会でベスト4、
高校のインターハイで優勝、
大学の関西リーグでは
防御率0で最優秀投手賞を受賞。

しかしながら、
日の丸を背負って投げた試合は、
日韓交流戦のたった一度だけ。

結果は出ているものの
決して三振をバンバン取れるピッチャーではなく、
同年代の中でも
目立ったピッチャーではありませんでした。
 
立命館大学に入学し、
1回生の秋から
ほとんどの試合を任せてもらうようになり、
エースとしてマウンドに立ち続けてきました。

しかし、投げすぎが原因で肩を負傷。

上野さんたちが戦っている
日本ソフトボール界の頂点である
「実業団」に挑戦するイメージは
どんどん消えてきました。

ある日、「アメリカのプロリーグにスカウトされる」
夢を見たことがきっかけで
海外でソフトボールを続けることを決意。

2017年11月から
オーストラリアのブリスベンに
1年半ソフトボール留学し、
QLD州(ソフトボールが最も盛ん地域)U23の代表
に選ばれました。
 
オーストラリアで
自分のピッチングが通用したことが
自信になり、
ソフトボール世界No.1のアメリカで
プロを目指すことを決めました。
 
人間、
諦めなければ必ず夢は叶うと信じて
ここまで取り組んできました。

アメリカのプロになる事は、
決して簡単なことではありません。

しかし、どうしてもこの夢を叶えて
日本人初のプロソフトボール選手に
なりたいのです。

そして、日本から私以降に
アメリカでプロになる選手を増やし、
日本の競技力向上を図ります。

私のファンクラブにて、
今後の展望をお伝えしておりますので、
是非ご覧ください。

このファンクラブでは、みなさんと一緒に夢を追いかけるためのコミュニティです。

ぜひご入会いただき、一緒に頑張りませんか?
ファンクラブはこちらから