講演会、クリニックの詳細はこちらから!

競技実績

 

ご覧いただきありがとうございます。

海外のローカルチームでソフトボールをしながら、東京オリンピック代表選手を目指すアスリートライターの本庄遥(@number_1h)です。→アスリートライターとは?

この記事では競技実績についてご紹介します!

 

小学生時代

 

私がソフトボールと出会ったのは小学2年生の夏。

両親が共働きで、学童保育に通っていたときに、2つ上のお姉ちゃんたちに誘われてソフトボールを始めることに。

 

 

当時の戦績は、兵庫県大会ベスト4。

その他には、市の大会で優勝して金メダルをもらいました。

 

中学生時代

 

小学生から進学するときに、第1回目のソフトボールを継続するか否かの判断をします。

なんと、そのまま中学校に進学するとソフトボール部がないとのこと。

続けるためには仲のいい友だちと離れて、自転車で片道1時間弱の学校に進学しなければなりませんでした。

ちょっとお高いステーキ屋さんに家族3人で行ったとき、

「はるかはソフト続けるために宝殿中学校にいきたいの?それともソフトをやめて鹿島中学校に行く?」

と質問を迫られ、

「ソフトしに宝殿中学校に行く」

と決断しました。

 

 

中学生は小中高大の練習量を比べると、一番練習したなぁと思えるほどかなりの練習量をこなしました。

努力も実り、1、2年生のときに兵庫県選抜に選ばれ、最終学年では全国大会ベスト4。

中学生活ほとんどの時間をソフトボールに費やしました。

 

高校生時代

 

中学生のときにソフトボールをやりきった私は、少しバーンアウト(燃え尽き症候群)気味になっていました。

同級生が私を含め6人中6人高校でも続けると言っているにも関わらず、私は

「高校野球で甲子園に出るメンバーを支えるマネージャをしたい」

と言い張り、公立高校を目指していました。

 

その後、縁が重なり公立高校合格のために通っていた塾から誕生した「創志学園高校」から推薦の電話が塾にかかってきたとのこと。

電話がかかってきたときに家にいた私は、すぐさま塾へ。

特待生で入学させて頂けるという後押しもあり、公立高校を受けることなく創志学園に入学することが決まりました。

 

 

高校での戦績は、岡山県大会3年間防御率0.00、高校インターハイで優勝。

インターハイの前に、星野高校の監督さんに

「今回のインターハイで優勝、準優勝したチームのピッチャーが今度発売される連続写真のはじめのページにカラーで解説付きで載るから頑張れよ」

と言われていましたが、まさか本当に載せていただけると思っていなくて非常に喜んだことを覚えています。

 

 

 

大学生時代

 

高校生のときに岡山で寮生活をし、ほとんど休みがなくソフトボールに打ち込んだ日々から抜け出したい思いがありました。

様々な価値観に触れたいという思いが強く、大学時代は文武両道を掲げてソフトボールができる環境がある立命館大学に入学しました。

高校時代の戦績を大学側にも認めてもらい、4年間の学費を半額免除。

非常にいい形でスタートを切ることができました。

自身の戦績は1回生の秋以降関西リーグでは毎大会防御率3位に入り、革ボール(硬球)でも結果が残せる自身をつけました。

自分がここから日本リーグの1部に行って活躍するイメージもぼんやりと抱き、日本の実業団で戦えると信じて疑いませんでした。

 

 

しかし、大学2回生の秋に事件は起きます。

ピッチャーの生命線である左肩に痛みを感じ始めました。

結局責任感が邪魔をし、シーズンオフになるまで痛みを我慢してほとんどの試合を連投。

10月最後の新人戦のときには、肩が上がらない状態で投げきりました。

 

診断結果は、原因不明。

結局、ゴットハンドと呼ばれる保険が効かないお店に通い、なんとなくマシになったくらいで最終的な原因は未だにわからないままです。

そこから私のソフトボール人生の価値観は大きく変わります。

 

アメリカのプロリーグにスカウトされる夢

3回生の秋、アメリカのプロリーグにスカウトされる夢を見ました。

このストーリーをたくさんの方にお話しているせいか、今でも鮮明に覚えています。

その夢が覚めたとき、「誰かに海外でソフトボールをしなさい」と言われているような感覚でした。

そこから、夢で見たチームを調べてみたのですがうまく見つからず、英語で調べても日本語で調べても出てくるのはオーストラリアのソフトボールの情報ばかりでした。

10分ほど探した後、寝起きのまま父に電話。

「オーストラリアにソフトしに行く」

グランド、チーム事情、本当に国内でソフトボールが出来るかどうかさえ知らないままオーストラリアでソフトボールすることを決めました。

 

 

海外

 

オーストラリアでソフトボールをすることが決まった私は、両親にも協力してもらいどの地域でソフトボールが出来るのか、ちゃんと現地のチームに入ってソフトボールが出来るのかを徹底的に調べました。

それと同時に大学時代オーバーワークだった肩を一旦休めることにも専念し、投げることよりもトレーニング中心の生活を送りました。

 

QLD州ブリスベンへ

その後、QLD州ブリスベンにソフトボールチームがあることを知り留学を決意。

良い縁も重なり、最終的にはSGホールディングス(佐川急便)に所属しているカーヤパーナピー選手の紹介でSaintsに入ることになりました。

初海外、初めての試合から先発投手として使ってもらい手応えもそこそこありました。

日本と全く違うバッティングと配球に戸惑う日々もありましたが、英語が話せないのにも関わらずチームメイトとはすぐに仲良くなりました。

みんなからの信頼も厚く、初めての公式戦ではA2の部で優勝。

周りにも恵まれ、結果を残せたサマーリーグでした。

 

 

ウィンターリーグでSharksへ

 

オーストラリアでは、サマーリーグとウィンターリーグに分かれており、もし年間通してソフトボールを続けたいのであれば、別のチームにも所属しなければなりません。

チームメイトに相談すると、快くsharksというチームを紹介してくれました。

 

 

ウィンターリーグでの結果はA2の部で準優勝。

悪い内容ではありませんでしたが、攻守噛み合わず苦しい戦いになりました。

 

QLD州大会でRedlands代表として出場

 

ウィンターシーズンが終わる頃にRedland地域の代表に抜粋していただき、QLD competition(州の大会)に出場しました。

この大会では順位を競うだけでなく、QLD州代表、U23、U19、の選考会にもなっており、私もU23にノミネートしました。

 

 

結果発表

 

大会が終わった後、各ブロックの結果発表および去年選ばれた選手、今年の代表選手などが発表されました。

私は1度も前に出ることがなかったため、U23にも選ばれなかったんだと思っていました。

そこから1カ月ほど経ったとき、QLD associationから連絡が来ました。

「congratulations!!!」と大きく書かれた文字と一緒に詳細が送られてきました。

私はオーストラリアQLD州U23代表に選ばれたんです。

 

 

努力が実った瞬間でした。

周りのメンバーも嫉妬することなく、かなり賞賛してもらい非常に良い大会になりました。

 

現在の活動と今後

 

スケジュール

 

現在はサマーシーズンになったので、sharksからSaintsに戻りブリスベンでソフトボールをしています。

2019年3月末まではオーストラリアで活動し、2019年4月から立命館大学に復学します。

4月からの半年間は学校に通いながら、日本でソフトボールをしつつ各地に講演会をしに行く活動を行う予定です。

お問い合わせはこちらから

2019年9月に卒業した後は、アメリカのプロリーグに挑戦します。

そこで活躍することができれば、東京オリンピック逆輸入も夢ではありません。

最後まで挑戦し続けていきます。

 

お仕事依頼・ご相談について

 

お仕事依頼・ご相談は、お問い合わせフォームおよびTwitterのDMでご連絡ください。

ご連絡の際

・お仕事内容

・金額

・内容の詳細

を伏せて記載いただけると助かります。

お問い合わせお待ちしております!

どうぞよろしくお願いします。

お問い合わせはこちらから