〜ヨーロッパに向けての新しい挑戦〜

プロフィール

 

自己紹介

 

はじめまして!ご覧いただきありがとうございます。

ソフトボーラーの本庄遥(@number_1h )と申します。

小学校2年生のときにソフトボールを始め、
現在17年目。

現在は、海外でソフトボールをしたい人たちの
相談に乗ったり、
ピッチング教室を開催したり、
アスリートのデュアルキャリアを追求しています。

 

アスリートである私が
ブログを書いて発信している理由は、
ソフトボールができる環境は日本国内だけじゃない
ことを広めるためです。

 

これから、
この思想になった理由について書いていきます。

その前に簡単な自己紹介をさせて頂きます。

 

・1996年3月29日生まれ。O型。

・身長154cm。サウスポーピッチャー。

・趣味はピアノとカラオケ。

・小学2年生から地元の子ども会のチームでソフトボールを始める。

・中学時代、引退試合でセンターを守り、2番手で終わる。

・高校時代、インターハイ優勝。(防御率0)

・大学1回生のとき、防御率0で最優秀投手賞を受賞。

・大学2回生の時に肩を怪我し、自分にとってのソフトボールの大切さを知る。

・とある夢がきっかけでオーストラリアにソフトボール留学。

・オーストラリアQLD州U23に選ばれる。

・現在、アメリカのプロソフトボールリーグに挑戦するために日本国内で修行中。

・スポンサー11社と契約。

 

本庄遥の足跡

 

本庄遥、誕生。

1996年3月29日16:16に誕生。
親の転勤の関係で、
横浜生まれの東京育ち。
保育園に通う前の5歳までは東京で育った。

 

0歳〜5歳までは関東で育つ

保育園に入るタイミングで兵庫県に転勤が決まる。
入園式の申し込みに間に合わず、
転入生として入園。

親からすると、
私が関東の言葉を使うことと
転入生になってしまったことで
イジメられないかが心配だった。

しかし大げんかした女の子と、
大親友になる。

 

小学生2年の夏、ソフトボールと出会う。

小学校2年生のときに通っていた学童保育
(アフタースクール)の2つ上のお姉ちゃんたちから
「ソフトボール一緒にしない?」
と誘われたことがきっかけで、
子ども会のソフトボールクラブに入部。

幼い頃から目立ちたがり屋だった私は、
試合の8割を決めると言われるピッチャーになる。

 

3年生のときに、ソフトボールに行くことが嫌になり
「お腹痛い」と休む日々が増える。

3週連続休んだ日、母から
「辞めるんやったらユニフォーム代払ってね。」
と言われる。

小学生の私にとって大金だったため、
焦りを感じまたソフトボールの練習に行き始める。

 

6年生のとき、
当時強豪チームだった
「米田レッドボンバーズ」というチームに入る。

「6年生チームを作ろう!」と誘ってもらい、
引退を延期。

一緒のチームになった友だちが
中学生でソフトボールを続けることを耳にし、
中学校でもソフトボールを続けることを決意。

両親の協力もあり、
住所変更をして強豪校宝殿中学校に入学。

 

2番手のまま引退。

中学生の頃、
同級生のピッチャーが
全国でもトップレベル。

負けず嫌いだった私は、
とにかく食らいつき一度はエースを奪還。

しかし怪我が重なり、
引退試合では2番手で
センターがメインポジション。

エースだった子は、
U16の代表選手として選ばれるほどの実力者。

 

最終結果は全国大会ベスト4。
結果にも満足していた私は、
卒業後公立高校で野球部の
マネージャーをすることを決意。

 

引退後は
ソフトボールを一切せずに進学のために塾に通う。

その塾の系列校でもある
「創志学園高校」から一本の電話。

「特待生として本庄さんを受け入れたい」
との連絡を受け、
再度ソフトボールに引き寄せられる。

 

直感的に
「もう一度ソフトボールをして、エースになりたい」
と強く思い、
創志学園高校を専願で受け、
ソフトボール生活が始まる。

悲願の日本一へ

寮生活、携帯使用禁止、恋愛禁止、
髪の毛はショートカット。

3年間、唯一の楽しみが
仲間と一緒に受ける授業だったほど、
すべての時間をソフトボールに費やす。

 

結果、岡山勢初全国大会優勝を成し遂げる。

その後、優勝校に送られる
「日韓交流戦」にて、
初めてJapanのユニフォームに袖を通す。

 

初めての日の丸経験

ピッチャーとしてマウンドに立ち、
自分の得意球チェンジアップ
(バッターの手元で落ちるボール)
を投げるたびに、
韓国人代表たちから笑い声が起こった。

試合終了後、
相手チームのメンバーから
「チェンジアップ!チェンジアップ!」と呼ばれ、
海外でも自分のピッチングが通用することに気がつく。

この頃から
海外でソフトボールをすることに
魅力を感じ始める。

 

確信と失望

大学1回生の秋から
メインピッチャーとして出場。

秋の関西リーグで
防御率0で最優秀投手賞を受賞する。

その後も2度防御率のランキング入り。
「これならきっと実業団(上野さんらが戦っている日本リーグ)でも戦える」
と確信し、実業団に入団することを決意。

 

しかし、2回生の秋の大会終了後、
肩が全く上がらなくなる。

病院に行ったものの、
原因が一切わからず。
何をしても治らない時間が続く。

目標だった
実業団へ入団するイメージも
徐々に消えていく。

 

「夢」からのヒント

途方に暮れ、進路に迷い始めているとき

世界ランク1位のアメリカのプロリーグから
スカウトをされているぞ

 

という夢を見る。

ただの夢だったが、
高校のときに経験した
日韓交流戦での経験が後押しし、
「もっと外国人バッターと戦って強くなりたい」
と北京オリンピック銅メダルを獲得した
オーストラリアへの留学を決意。

 

オーストラリアへの道のり

「オーストラリアに行く」ことだけを決定し、
その後はエージェントと留学について相談。

先輩が紹介してくれた
オーストラリアのエースである
カーヤ・パーナピーも所属している
「Saints」というチームに入部が決定。

 

エージェントから
トビタテ留学ジャパン(留学生を支援する奨学金)
の存在を教えてもらい、
受けてみることに。

無事に試験を通過し、
オーストラリアでの生活費を確保。

オーストラリアでの生活

英語力0で渡航。
知り合いが全くいない中での生活で、
人生初めてのホームシック。

6ヶ月間は
同じチームメイトたちが
何を話しているのかまるで聞こえなかった。

語学学校に11ヶ月、
その後J-Shine(小学校教員免許)兼
TECSOL(英語第二言語者へ英語を教える資格)を習得。

 

入部直後からエースに。
オーストラリア代表、
ユースに選ばれている人たちと試合をし、
日本国内での配球(作戦)
が全く通用せず打たれまくる。

その後、
キャッチャーの配球を信じ投げ続ける中で、
オーストラリア人に対しての配球を身に着ける。

サマーシーズン2連覇、
ウィンターシーズン準優勝。

そしてQLD州(クイーンズランド州)
U23に抜擢され、
身長も、国籍も関係ない
オーストラリアの環境に感銘する。

オーストラリアの生々しい生活をブログで公開。

オーストラリア生活での裏エピソード

留学中支給されるはずだった奨学金が、
チーム変更等が重なり一時ストップ。

留学中、資金難に陥る。
オーストラリアで生き延びる方法を考え、
スポンサー契約を結んでもらえる会社を募集。

Find-FCのページを見つけ、登録。
そこから今日まで、
Find-FC以外でもスポンサーを増やし、
現在11社と契約中。

 

とかなり波乱万丈な人生でした。

しかし、常に夢を追い続け、
たくさんの方々に支えられ
今日まで来ることができました。

自分を信じ、
発信することで必ず夢は叶うと実感しています。

 

本庄遥のこれから

 

ここまで、
私の過去のストーリーについてお話ししました。

これからは、
未来についてお話ししていきたいと思います。
どうぞお付き合いください。

 

日本人初、アメリカのプロソフトボーラーになる

現在、女子ソフトボール
世界ランキングNo.1のアメリカ。

そこに直接足を運び、
日本人初プロのソフトボーラーになります。

実業団からアメリカへ
渡っている選手もいるそうですが、
アメリカに長期的に滞在し、
プロとして活躍したことのある日本人選手はいません。

今後、日本国内から
アメリカへ渡ってレベルアップしたい選手たちを
送り込めるようにも活動していきたいと思います。

 

世界中でソフトボールができる環境をつくる

ソフトボールの可能性は無限大にあります。

ソフトボールを通じて、
語学が学べる。

ソフトボールを通じて、
国際交流ができる。

ソフトボールを通じて、
スポンサーを獲得することができる。

オーストラリアに渡航するまでは、
「学生ソフトを終了する」→「実業団に行く」
という王道の道しかありませんでした。

しかし、今は違います。

学生ソフトが終わった後は、
海外に出てさらなる競技力アップだけでなく、
プラスアルファで
3つも4つも身につけることがあります。

私が、小学校に足を運んで
お話ししているとき、
とある保護者の方にこう言われました。

ソフトボールは未来が見えないから
途中でみんな辞めてしまう。

 

これからは、
そんなことは言わせません。

ソフトボールをしていることが、
むしろ強みになれば続ける人が増えるし、
ソフトボールの人口も増えてくると思います。

 

スポーツ奨学金をつくる

海外留学をいきなりするのは
金銭的にハードルが高い家庭も多いため、
夢があるメンバーに対して
奨学金を貸し出すあるいは支給する制度を
つくりたいと考えています。

初めは
ソフトボール選手からスタートさせ、
他のスポーツにもどんどん対応していく。

今はざっくりとですが、
スポーツをしていることが強みになる
世の中を作っていきたいと思っています。

アスリートをプロデュースする

スポンサー契約を結びたいと考えている
アスリートは多いのではないでしょうか?

しかし、
アスリートがスポンサー契約を結ぶこと自体、
決して簡単なことではありません。

アスリートの多くが、
「競技実績さえあればスポンサーがつく」
と考えていますが、
これは大きな間違いです。

 

もちろん
実績はないに越したことないですが、
実績よりも大切なものがたくさんあります。

アスリートとして
競技を頑張るのは当たり前。

その他の分野でいかに
自己アピールできるかも大切です。

 

そういった
「アスリートがスポンサーを獲得するための方法」
について一緒に考え、
ブランディング方法を伝授します。

そして、スポンサー契約を結ぶアスリートを
増やせるようにしていきたいと思っています。

 

ソフトボール留学、その他の相談受け付けています

 

現在、日本人ソフトボール選手が
世界中で活躍しています。

ブログやSNSで発信はしていないものの、
同じソフトボール選手として
非常に誇らしい活動をされています。

ポーランドのチームで監督をされたり、
ブラジルでソフトボールの普及活動をされたり。

そんな彼女たちの取材をしたり、
連絡を取り合って、
現地の情報を共有しています。

ソフトボール留学に興味がある方は
親身に相談に乗らせていただきます。

私自身もオーストラリアにいるとき、
5名ほど日本人選手をチームに紹介しました。

少しずつではありますが、
日本人が海外でソフトボールをすることが
当たり前になってきています。

ぜひ一度相談してください。