本庄遥ファンクラブ

オーストラリアにソフトボールのプロはあるの?〜オーストラリア代表エースが所属するチームに入団しました!〜

オーストラリアにソフトボールのプロはあるの?〜オーストラリア代表エースが所属するチームに入団しました!〜

 

オーストラリアでソフトボール留学をしているはるかです!

私はオーストラリア代表エースのカーヤ・パーナピーが所属している「Saints」に入団することに決まり、オーストラリアでソフトボールをすることが決まりました。

その流れからオーストラリアのソフトボールってプロがあるのか?どのような形態になっているのかを詳しく書いていこうと思います!

オーストラリアにプロはあるの?

オーストラリアでは、全チームがクラブチームになっておりプロ契約というかたちでソフトボールをしている選手はいません。

カーヤパーナピーはSaintsに所属していますがお給料をもらってプレイしている訳ではなく、クラブチームのチームに加入しています。

また、カーヤの場合日本のシーズン中には日本で投げて給料をもらいシーズンオフのタイミングでオーストラリアに帰国してSaintsのA1(一番レベルが高いところ)で投げています。

 

オーストラリアでソフトボールを続けている人は、基本的にソフトボールと全く関係ない場所で仕事をしながら続けていくというのが一般的な形になっています。

オーストラリアのチーム形態

 

日本のJリーグの形態を知っている方には分かりやすいとは思うのですが、一番上に社会人チームとして一番強いチームがあり、その下にU 20、U16などと学年によって分かれていたり、シニアのチームがあったりします。

日本のソフトボールの形態は、学校の教員が顧問として授業以外の場所で指導を行うといったものですが、オーストラリアはかなり地域に密着しています。

 

f:id:softball111:20180525175209p:plain

(Saintsの学年別チームを表した図)

 

オーストラリアのチームではこのようにレベルと年齢別になっていて、各自同じユニフォームをきています。

この形態の面白いところは、お互い、別のレベルでやっている自チームを応援し合える点です。

 

普通は自分が知っている選手がいたり、友達がいない限り、全く別のチームで戦っている人を応援すことはありませんが、同じチームだからこそ上の学年の子が下の学年の子を教えたり、年下の子達から「今日のピッチングすごかった!」とごく自然に言ってもらえたりします。

また、カーヤのようなオーストラリア代表選手もクラブチームに加入して活動しているので、子どもたちと代表選手の距離がかなり近いのも魅力的だなと思いました。

(ちなみに私たちが試合をしている時に同じチームの子がベンチに入ってきてカーヤとハグをして楽しそうに話していました。)

クラブチームへの加入の仕方

 

私の場合、カーヤと友だちの先輩からの紹介という形で入りました。

実際には英語でメールを打てるのであれば直接コンタクトを取れますし、もし英語が話せなくてもエージェントにお願いすれば加入自体はそこまで難しくありません。(入れないという事は基本ないです)

→オーストラリアのソフトボールのことについて詳しく聞きたい方はこちらから

 

コンタクトを取り、実際に現地に到着するとトライヤルという形で「どこのポジションが守れるのか」、「技術はどれくらいか」をテストします。

コーチと総監督の方が練習をあなたの見て、話し合い振り分けられる形になっています。

(私の場合ピッチャーだったので、球種を聞かれて少しだけピッチング見てもらって決まりました。)

 

金銭的な面は?

上記でもお伝えした通り、オーストラリアにはプロチームがないのでソフトボールをしているだけでお金を稼げることは基本的にはありません。

逆に、クラブチームなのでグランド使用料や登録料云々で大体300ドル(3万くらい)払わないといけないので事前に準備していきましょう。

 

給料が発生する事はありませんが、頑張ったらコーチから試合後にたまにお酒をおごって貰えます。笑

(個人的にピッチングの後なのでいつもジュースにしています)

 

最後に

日本でソフトを続けるメリットとしては、仕事が同時に確保される事だと思いますが、実はオーストラリアの最低賃金は日本でいう1500円以上にはなっていて、普通に働いたら実業団の子たちの給料を抜かせます。笑

なんならちょっと贅沢できるくらいです。

ワーキングホリデーだと一年間滞在できるので*サマーとウィンターで二回決勝リーグに出場出来ますし、かなり好条件だと思います。

*オーストラリアではサマーとウィンターでチームも異なります。

 

高校、大学ソフトを引退してソフトを続けたいけど実業団に行くほど上手くない…

大型バッターと戦ってみたい。

いろんなソフトボールの価値観に触れてみたい。

ソフトしながらエンジョイライフを送りたい。

 

そんな人は是非オーストラリアでソフトボールをしてみてはいかがですか??

私自身もサポートもしているので是非ご連絡ください!

→ご相談はこちらから

 

はるか

 

東京オリンピックへ向けて。〜プロへの挑戦〜


私は2020年3月10日からソフトボール世界No. 1の国であるアメリカのプロソフトボールチームに入団テストを受けに来ています。

身長は154㎝で体格は決して恵まれていません。


中学時代全国大会でベスト4、高校のインターハイで優勝、大学の関西リーグでは、防御率0で最優秀投手賞を受賞。

しかしながら、日の丸を背負って投げた試合は、日韓交流戦のたった一度だけ。

防御率はいいものの、決して三振をバンバン取れるピッチャーではなく、同年代の中でも目立ったピッチャーではありませんでした。
 
立命館大学に入学し、1回生の秋からほとんどの試合を任せてもらうようになり、エースとしてマウンドに立ち続けてきました。

しかし、過度な投球が原因で肩を負傷。

上野さんたちが戦っている日本ソフトボール界の頂点である「実業団」に挑戦するイメージはどんどん消えてきました。

ある日、夢の中でアメリカのプロリーグにスカウトされました。

夢を見たことがきっかけで海外でソフトボールを続けることを決意。

2017年11月からオーストラリアのブリスベンに1年半ソフトボール留学し、QLD州(ソフトボールが最も盛ん地域)U23の代表に選ばれました。
 
オーストラリアで、自分のピッチングが通用したことが
自信になり、ソフトボール世界No.1のアメリカで、プロを目指すことを決めました。
 
人間、諦めなければ必ず夢は叶うと信じてここまで取り組んできました。

アメリカのプロになる事は、決して簡単なことではありません。

しかし、どうしてもこの夢を叶えて日本人初のプロソフトボール選手になりたいのです。

そして、日本から私以降にアメリカでプロになる選手を増やし、日本の競技力向上を図ります。

私のファンクラブにて、今後の展望をお伝えしておりますので、是非ご覧ください。

このファンクラブは、みなさんと一緒に夢を追いかけるためのコミュニティです。

ぜひご入会いただき、一緒に夢を追いかけてみませんか?
ファンクラブはこちらから